FXと仮想通貨はどちらがアービトラージに向いているか

アービトラージは、各業者の価格差で利益を得ていく事になります。それだけにアービトラージは、仮想通貨が一番良いという声も多いです。FXなどの選択肢もありますが、仮想通貨の方が業者の価格差が比較的大きいからです。

FXでもアービトラージの取引は可能

アービトラージで取引するのは、何も仮想通貨でなくても問題ありません。外貨を活用するFXでも、その取引は可能なのです。
仕組み自体は全く同じです。複数のFXの業者で口座開設を済ませておき、価格差が出ている事を確認します。そして程よいタイミングで取引を行い、価格差を活用して取引を行ってみるのです。
それは仮想通貨もあまり変わりません。FXと同じく、仮想通貨にも複数の金融業者がありますから、やはり複数社で口座開設しておくことになります。

FXは価格差はあまり大きくない

ところでFXの取引には、1つ大きなデメリットがあります。業者同士の価格差は、あまり大きくありません。
確かにFXの業者によっては、若干の手数料の差などはあります。しかし肝心の提示レートを見てみると、業者によってそれほど大きな差がある訳ではありません。
アービトラージは、業者の価格差によって取引を行っていくのです。肝心の価格差があまり大きくなければ、取引によって得られる利益も限定されてしまうでしょう。
FXの場合、アービトラージというよりは為替差益での利益獲得を目指す商品になります。複数社を併用するのは、あまり向いていない一面があるのです。

FXよりも価格差が大きい仮想通貨

それに対して仮想通貨の場合は、業者の価格差はとても大きいです。FXのように色々な業者はあるものの、提示価格は大きく異なります。
そもそも仮想通貨の場合は、価格の数字自体が非常に大きいです。あるコインの場合は、現時点でのレートは100万円を超えています。FXの場合は、そこまで大きなレートの外貨はまずありません。その兼ね合いもあり、仮想通貨は業者同士の価格差が大きくなりやすいのです。ですからアービトラージで取引するなら、やはり仮想通貨がおすすめです。

FXと違って取引チャンスも多い仮想通貨

ちなみに価格差だけでなく、取引チャンスに関するメリットもあります。FXの場合は土日に取引する事はできませんが、仮想通貨であれば土日の取引も可能です。平日だけではないのです。
取引する機会が多ければ、それだけ利益を得られるチャンスも多くなるでしょう。それだけに、FXでなく仮想通貨でアービトラージの取引をしている方も多いです。